コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師瑠璃光如来 ヤクシルリコウニョライ

大辞林 第三版の解説

やくしるりこうにょらい【薬師瑠璃光如来】

薬師如来の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薬師瑠璃光如来の言及

【薬師】より

…サンスクリットのバイシャジヤ・グルBhaiṣajya‐guruの訳。薬師瑠璃光(るりこう)如来とも呼ばれる。薬師は菩薩時代に12の大願を立て(その中に自分の名を聞く者を不具や病気から救うという項目がある),仏となって東方の浄瑠璃世界の主となり,日光菩薩,月光菩薩(日光・月光)を従えている。…

※「薬師瑠璃光如来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

薬師瑠璃光如来の関連キーワード神宮寺(福井県)角館のお祭り浄瑠璃寺庭園玄海[町]瑠璃光如来十二神将浄瑠璃姫寛永寺三千院薬師経日本寺国分寺別名

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android