藁稭長者(読み)ワラシベチョウジャ

デジタル大辞泉の解説

わらしべ‐ちょうじゃ〔‐チヤウジヤ〕【××稭長者】

日本の昔話の一。1本のわらしべを、次々に高価なものと交換し、ついに長者になるという話。今昔物語集などにみえる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わらしべちょうじゃ【藁稭長者】

昔話の一。一本のわらしべから次々と価値の高いものに交換して、ついに長者になるという話。「今昔物語集」や「宇治拾遺物語」にも収められており、全国に類似の話が残っている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android