コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊兼 ふじわらの としかね

2件 の用語解説(藤原俊兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊兼 ふじわらの-としかね

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
源頼朝の側近で右筆をつとめ,建久2年(1191)中原親能(ちかよし)らとともに幕府政所(まんどころ)の公事(くじ)奉行人となった。華美をこのんだため,頼朝に派手な小袖を刀できられ,奢侈(しゃし)をいましめられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原俊兼

生年:生没年不詳
鎌倉初期の幕府吏僚。「筑後権守」を称し,寿永1(1182)年には既に源頼朝の側近に仕えている。問注所に候じ「公事奉行人」にも名を列ね,幕府草創期の政務の中枢に参じるが,特に右筆として重用された。才あるも華美を好み,奢侈を頼朝に諫められるエピソードが知られる。

(奥田環)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原俊兼の関連キーワード曾我兄弟曽我祐成曽我時致伊沢家景伊勢貞忠一条実雅中原久経中原光家二階堂行方二階堂行政

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone