コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原基光 ふじわらの もとみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原基光 ふじわらの-もとみつ

?-? 平安時代後期の画家。
珍海の父。奈良東大寺にすみ春日基光ともいわれた。宮廷絵師で,従五位上,内匠頭(たくみのかみ)となる。応徳(1084-87)のころ高野山灌頂(かんじょう)堂で性信(しょうしん)入道親王の肖像をえがいたという。土佐派の祖とされてきたが,確実ではない。初名盛光

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原基光

生年:生没年不詳
11世紀,平安中期の宮廷絵師。師明親王は,内匠頭基光に真影(肖像)を描かせ,真言八祖像の末尾に加えて,影供を行ったという(『後拾遺往生伝』上)。子の珍海画僧として知られる。

(長谷川稔子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原基光の関連キーワード行海(1)生年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android