コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入道親王 にゅうどうしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入道親王
にゅうどうしんのう

親王宣下 (せんげ) を受けたのち出家した皇族三条天皇の皇子師明親王 (法名性信) が初例である。これに対し,出家した人が親王宣下されたとき,法親王 (ほうしんのう) という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうどうしんのう【入道親王】

親王宣下を受けて、のちに出家した皇族。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の入道親王の言及

【入道】より

…僧侶の社会で中心となり,寺院組織の中核となる者は,幼いときに寺に入り,成年に達するころに正式に僧侶となるのが一般であったから,元服していったん俗世間に出た後に出家して僧体となった人々は,僧侶の中でも別に考えられ,そのなかで身分の高い人々を入道と呼んだのである。一般に皇子の中で親王の身分を認められた人が出家した場合,その人を入道親王と呼び,さきに出家していた皇子が親王の宣下を受けた場合には法親王と呼んで,両者を区別したことにもそのことがあらわれている。中世に入ると,一度世俗で活動した後に出家する人々が増加し,武家として活動した後に出家の姿になった者も入道と呼ばれるようになった。…

【法親王】より

…古くは古人大兄皇子や大海人皇子の例があるが,平安時代に入ると,平城天皇の皇子高岳(たかおか)親王が,薬子の変により皇太子を廃されて出家し,真如と号したのをはじめ,皇族の出家の例が増加する。出家した親王に対する称呼としては,禅師親王や法師親王などの例があるが,このほかに法親王あるいは入道親王の称がある。通説では,法親王は出家した後親王宣下を受けた親王をいい,入道親王は親王宣下を受けた後に出家した親王をいうとされている。…

※「入道親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入道親王の関連キーワード右衛門佐局(1)左京大夫局(2)藤原定子(2)公璋入道親王勝行入道親王一条局(2)少納言典侍公顕(3)弘助法親王忠道親王常尹親王正道親王栄貞親王完敏親王常嘉親王修道親王播磨内侍少納言局按察使局高階邦子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android