藤原師兼(読み)ふじわらの もろかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師兼 ふじわらの-もろかね

?-? 南北朝時代の公卿(くぎょう),歌人。
南朝につかえた。天授年間の家集「師兼千首」に「正二位権(ごんの)大納言兼春宮大夫(とうぐうのだいぶ)大学頭(かみ)」とあり,歌は「新葉和歌集」に24首がはいっている。「常楽記」明徳4年(1393)3月12日の他界記事にみえる花山院内大臣(享年45歳)と同一人とみられる。号は花山院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android