コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原景家 ふじわらの かげいえ

2件 の用語解説(藤原景家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原景家 ふじわらの-かげいえ

?-? 平安時代後期の武将。
藤原景綱の子。藤原忠清の弟。平氏の家人(けにん)で,飛騨守(ひだのかみ)。治承(じしょう)4年(1180)以仁(もちひと)王・源頼政挙兵のとき,平氏軍の侍大将として功をたてた。平氏都落ち後の藤戸合戦にも将として名がみえる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原景家

生年:生没年不詳
平安末期の武将。藤原(伊藤)景綱の子,藤原忠清の弟とされる。飛騨守に至る。平氏の「後見」,「第一の勇士」と称され,平氏の中心的家人のひとりであった。諸合戦に侍大将として活躍し,平清盛の死後出家した。寿永2(1183)年礪波山の戦(倶利伽羅峠の戦)に参戦したが惨敗,子の景高を失った悲嘆から死去したという。

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone