コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍大将 サブライダイショウ

デジタル大辞泉の解説

さぶらい‐だいしょう〔さぶらひダイシヤウ〕【侍大将】

さむらいだいしょう

さむらい‐だいしょう〔さむらひダイシヤウ〕【侍大将】

戦闘時に、一軍を率いる侍。さぶらいだいしょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さぶらいだいしょう【侍大将】

一軍を率いる侍。 「大将軍には左兵衛督知盛…-には上総守忠清/平家 4
室町時代から戦国時代、一軍を率いる部将の職名または地位。さむらいだいしょう。 → さむらい

さむらいだいしょう【侍大将】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の侍大将の言及

【軍奉行】より

…竹中重治が羽柴(豊臣)秀吉の軍奉行となったのはその例である。 軍奉行に類似の存在としては侍大将がある。これは平安末から江戸初期まで存在した武士の職名で,大将軍を補佐する部将を指す。…

【番頭】より

…この番頭は奉公衆の成立期である足利義教のときから,1番畠山,2番桃井,3番上野または畠山,4番畠山,5番大館の諸氏に一定し,これが番衆の譜代的な固定性と相まって家族的な信頼感情を育て,番ごとの連帯性を支えて後世の番衆制度の範となった。【福田 豊彦】 戦国・江戸時代には武家の職名あるいは格式の一つで,一般に侍組(騎兵)の頭(侍大将)をいう。足軽,同心,徒士(かち)などの組(歩兵)の頭(足軽大将)である物頭の上位,家老につぐ地位にあった。…

※「侍大将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

侍大将の関連キーワード馬場信春(1)初鹿野昌次与力・寄騎壇浦兜軍記長崎高貞戸川秀安松尾芭蕉庵原朝儀内藤昌豊結城宗広藤原景清少弐景資土肥実平藤堂蝉吟藤堂探丸藤原景家藤原景高薄田兼相真柴幸平跡部勝資

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侍大将の関連情報