藤原真作(読み)ふじわらの まつくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原真作 ふじわらの-まつくり

?-? 奈良時代の官吏。
南家藤原巨勢麻呂(こせまろ)の子。藤原三守(みもり)の父。延暦(えんりゃく)3年(784)従五位下。皇后宮大進,石見(いわみのかみ)をへて,9年大蔵大輔(おおくらのたいふ)となる。のち三河守,阿波(あわの)守。従五位上。名は「またなり」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android