藤原真作(読み)ふじわらの まつくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原真作」の解説

藤原真作 ふじわらの-まつくり

?-? 奈良時代の官吏
南家藤原巨勢麻呂(こせまろ)の子。藤原三守(みもり)の父。延暦(えんりゃく)3年(784)従五位下。皇后宮大進,石見(いわみのかみ)をへて,9年大蔵大輔(おおくらのたいふ)となる。のち三河守,阿波(あわの)守。従五位上。名は「またなり」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android