コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩士 ハンシ

大辞林 第三版の解説

はんし【藩士】

藩に所属する武士。江戸時代の大名の家臣。藩臣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の藩士の言及

【藩】より

…しかしこの時期には,藩という用語は漢学者などきわめて限られた人々にしか使用されていなかった。江戸時代後期に入ると,藩という用語の使用例は多くなり,大名がみずからの領地を藩と呼び,その家臣たちは藩士と自称することが見られるようになる。これは,後期に入ると大名の改易・転封がきわめて少なくなり,大名の領主としての連続性と所領範囲の固定化,さらにはこれらのことを基礎にした政治的,地域的なまとまりが徐々に強まっていったことに対応したものである。…

※「藩士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藩士の関連キーワード池辺 吉十郎住江 甚兵衛人見弥右衛門有村次左衛門長谷川 昭道日下部伊三次荒川 久太郎杉生十右衛門津金文左衛門山田宇右衛門児玉雄一郎島津 久治奥平 謙輔石井 修理渡辺内蔵太渋谷伊予作川上 直本喜多岡勇平田宮 如雲豊間源之進

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藩士の関連情報