藩士(読み)ハンシ

大辞林 第三版の解説

はんし【藩士】

藩に所属する武士。江戸時代の大名の家臣。藩臣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐し【藩士】

〘名〙 藩の武士。大名の家来。藩臣。
江戸繁昌記(1832‐36)三「数箇の藩士景に脊て酒を酌む。蓋し婢を挑むに係る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藩士の言及

【藩】より

…しかしこの時期には,藩という用語は漢学者などきわめて限られた人々にしか使用されていなかった。江戸時代後期に入ると,藩という用語の使用例は多くなり,大名がみずからの領地を藩と呼び,その家臣たちは藩士と自称することが見られるようになる。これは,後期に入ると大名の改易・転封がきわめて少なくなり,大名の領主としての連続性と所領範囲の固定化,さらにはこれらのことを基礎にした政治的,地域的なまとまりが徐々に強まっていったことに対応したものである。…

※「藩士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藩士の関連情報