家来(読み)ケライ

デジタル大辞泉 「家来」の意味・読み・例文・類語

け‐らい【家来】

主君や主家に仕える者。家臣従者
親・尊族を敬い礼を尽くすこと。転じて、他人に礼を尽くすこと。
文籍ぶんせきにも―といふことあるべくや」〈藤裏葉
朝廷公事くじ故実を習うために摂家などに出入りする者。
[補説]古くは「家礼」「家頼」などと書き、「家来」は中世以降の表記。
[類語]臣下家臣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「家来」の意味・わかりやすい解説

家来
けらい

平安時代中期には公卿などの摂政家の礼式を用いる人をいい,「家礼」と書いた。伊勢貞丈はその著『安斎随筆』のなかで,公事の法式や故実を習うため摂家方へ親しく出入りする諸家の公家衆を家礼というのは,子が父母を敬うように,摂家を礼するためであると述べている。この摂家を礼することから,特定の人の間に従属的関係が生じ,種々の奉仕も行われるようになった。やがて,この風習武家階層に広がって,封建社会では,家礼をいたすことが,おのずから従属関係を結ぶことを意味した。江戸時代に入ると,家臣の一般的呼び名として,「家来」「家頼」の字があてられ,広く武士以外の者にまで使われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版 「家来」の意味・わかりやすい解説

けらい【家来】

一般に武家で主君に仕える家臣のことをいう。ほかに公家庄屋地主などの従者についても用いられた。平安時代の記録には〈家礼〉とあるが,これは家長や親に礼をつくすこと,転じてそれと同様他人に礼をつくし随従する者をいう。《貞丈雑記》に五摂家より分かれた公家衆や軽輩の公家衆で宮廷の儀式作法を習うため摂家に出入りする者を家礼と呼んだとあるが,やはりその家に依頼し,礼をつくしたからであろう。《吾妻鏡》1180年(治承4)の記事に〈源氏の人々は家礼とするのも憚るべきなのに服仕の家人として取り扱うのは以ての外のことだ〉とある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「家来」の意味・わかりやすい解説

家来
けらい

「家礼」を呉音(ごおん)読みにした語。「家頼」とも書く。ただし「家来」「家頼」は中世以降の用字である。本来、家において親や長上に礼を尽くし、そのように他人を敬う意であった。また、公事(くじ)の作法を習うため摂家(せっけ)などに出入りする者を称したが、中世以降、これが主従関係に転じて、公家や武家の主君に臣従すること、またその者(家臣)をさすようになり、さらに、一般に従者や手下を汎称(はんしょう)する語ともなった。

[兼築信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「家来」の解説

家来
けらい

家礼(けらい)・(かれい),家頼とも。貴族や武士を主人として仕える従者の一類型。平安時代の貴族社会で,有職故実や礼式作法の教示のために主人に奉仕した家礼の制が,武士社会にもうけつがれたもの。武士社会では家人(けにん)は主家への隷属度が強く主人と運命をともにすべきものとされたのに対し,家礼・家来は比較的隷属度のゆるやかな双務契約的存在であったと考えられている。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android