コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藺笠 イガサ

デジタル大辞泉の解説

い‐がさ〔ゐ‐〕【××笠】

藺(い)で編んだ 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いがさ【藺笠】

藺の茎で編んだ笠。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の藺笠の言及

【笠】より

…《万葉集》にも,〈河のしづ菅我が苅りて編まなく〉〈王(おおぎみ)の御笠に縫へる有馬菅〉などとうたわれるように,スゲを苅って笠に編んだことがわかる。平安時代には,武士の旅行用や流鏑馬(やぶさめ)に綾藺(あやい)笠が用いられ,女性の外出用にはもっぱら市女(いちめ)笠が用いられた。江戸時代に入ると,形,材質の違いから,また身分,職業,用途によってさまざまな種類の笠が生まれ,武士はもとより町人,農民など男女を問わず広く用いられた。…

※「藺笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藺笠の関連キーワード笠懸(武技)佐渡おけさ天津司舞八月踊流鏑馬狩装束設楽神陣笠笠踊笠懸綾笠

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android