コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【×藺】

イグサ科の多年草。湿地に自生し、また、水田で栽培する。高さ約1メートル。茎は円柱形。葉はうろこ状。夏、緑褐色の花をつけ、苞(ほう)を長く伸ばす。茎は畳表・花むしろの材料。白い髄は、昔、灯心に用いた。灯心草。あかりも。いぐさ。 夏》「―の花を見て雨ごもり居たりけり/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【藺】

イグサ科の多年草。北半球に広く分布。茎は高さ1メートルに達し、節がない。葉は退化して少数の葉鞘ようしようが茎の基部につく。夏、茎頂に淡緑色の小花を密につける。栽培されて茎は花筵はなむしろ・畳表などの材料とし、髄ずいは灯心にした。イグサ。灯心草。 [季] 夏。 《 -の水に佇めば雲流れけり /大橋越央子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藺の関連キーワード両虎相闘えば勢い倶に生きず両虎相闘えば勢い俱に生きず柱に膠して瑟を鼓す灯心草・燈心草怒髪冠を衝く布衣の交わり刎頸の交わり目塞き編み笠藁蓋・円座琴柱に膠す金剛草履茣蓙・蓙目塞き笠豊島茣蓙繊維作物連城の璧垂れ駕籠藤倉草履山谷草履綾藺笠

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藺の関連情報