コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2件 の用語解説(藺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【×藺】

イグサ科の多年草。湿地に自生し、また、水田で栽培する。高さ約1メートル。茎は円柱形。葉はうろこ状。夏、緑褐色の花をつけ、苞(ほう)を長く伸ばす。茎は畳表・花むしろの材料。白い髄は、昔、灯心に用いた。灯心草あかりも。いぐさ。 夏》「―の花を見て雨ごもり居たりけり/秋桜子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

い【藺】

イグサ科の多年草。北半球に広く分布。茎は高さ1メートルに達し、節がない。葉は退化して少数の葉鞘ようしようが茎の基部につく。夏、茎頂に淡緑色の小花を密につける。栽培されて茎は花筵はなむしろ・畳表などの材料とし、髄ずいは灯心にした。イグサ。灯心草。 [季] 夏。 《 -の水に佇めば雲流れけり /大橋越央子 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藺の関連情報