コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年中行事絵巻 ねんじゅうぎょうじえまき

6件 の用語解説(年中行事絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年中行事絵巻
ねんじゅうぎょうじえまき

「ねんちゅうぎょうじえまき」ともいう。平安時代末期の宮廷,公家における年間の儀式,祭事,法会,遊戯などを中心に,民間の風俗を描いた絵巻。御白河法皇の下命により御用絵師常磐光長らが描き,詞は飛鳥井雅経,また藤原教長筆とされるが確証はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねんちゅうぎょうじ‐えまき〔ネンチユウギヤウジヱまき〕【年中行事絵巻】

平安後期の絵巻。もと六十余巻。後白河法皇の勅命で、常盤光長(ときわみつなが)らが宮中および民間の年中行事を描いたもの。現在は、江戸前期の住吉如慶らによる模本16巻ほか3巻の模本が伝わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年中行事絵巻【ねんちゅうぎょうじえまき】

平安後期の絵巻後白河天皇の命で常磐(ときわ)光長が描いたとされるが,光長ら数人の合作であろう。60巻の原本は焼失し,住吉如慶一門の手になる江戸時代の模本17巻が現存。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねんちゅうぎょうじえまき【年中行事絵巻】

12世紀後半(平安末期),後白河法皇の命により宮廷や公家の年中行事,四季の遊楽などを記録するため制作された60余巻にも及ぶ絵巻。原本は蓮華王院(三十三間堂)宝蔵に収蔵され,宮中典儀の軌範となったが,しだいに散失し,ついには江戸初期の内裏の大火で焼失してしまった。わずかに残った原本を1661年(寛文1)前後に住吉如慶・具慶父子が模写した朝覲行幸,斎会,賭弓,内宴などを内容とする16巻をはじめ,諸家に伝わる模本類によって,わずかに当初の3分の1ほどの図様をしのぶにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんちゅうぎょうじえまき【年中行事絵巻】

絵巻物。平安後期の成立。後白河院の命により常盤ときわ光長らが制作。当時の宮廷での年中行事や民間風俗が描かれている。もと六〇巻と伝えられるが焼失、現在は模本一六巻その他が伝わる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年中行事絵巻
ねんじゅうぎょうじえまき

絵巻。平安時代における宮中の儀式や、祭事、法会(ほうえ)、民間の宗教上の風俗など、年中の行事を集めて描いたもの。平安末期に後白河(ごしらかわ)法皇が六十巻余に及ぶ絵巻を常盤光長(ときわみつなが)を中心に制作させ、藤原基房(もとふさ)に校閲させて蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)の宝蔵に収め後世に伝えた。この原本はしだいに散逸し、残ったものも江戸時代に幾たびかの内裏(だいり)の炎上で焼失した。現在は失う前に模した模本が伝わり、田中家その他に分蔵される。これは、1661年(寛文1)ごろ、宮中にあった原本を土佐広通(ひろみち)(住吉如慶(じょけい))が写した白描(はくびょう)模写十六巻をはじめとしたもので、二十四、五巻分の図様を伝えている。近世の模写とはいえ、平安時代の風俗資料としてきわめて高い価値を有する。[村重 寧]
『福山敏男編『新修日本絵巻物全集24 年中行事絵巻』(1978・角川書店) ▽小松茂美編『日本絵巻大成8 年中行事絵巻』(1977・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の年中行事絵巻の言及

【細男】より

…大社寺の祭礼に巫(みこ),師子舞,田楽(でんがく),王の舞,十烈(とおつら),猿楽などとともに出た芸能で,《栄華物語》巻二十四に,〈御霊会の細男の手拭して顔隠したる心地するに〉とあるように,その芸態は,烏帽子姿の者が白布で顔を隠し,胸につけた鼓を打つ。平安時代末の姿を伝える《年中行事絵巻》の祇園御霊会の図中に,馬乗姿が描かれている。細男が顔を隠すことは《八幡愚童訓》に次の説話が載る。…

※「年中行事絵巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

年中行事絵巻の関連キーワード丹後局長講堂領家寛後白河法皇円恵法親王平業房藤原経宗藤原光能源仲国藤原定長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年中行事絵巻の関連情報