蘇我小姉君(読み)そがの おあねのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我小姉君 そがの-おあねのきみ

?-? 6世紀中ごろの欽明(きんめい)天皇の妃。
蘇我稲目(いなめ)の娘。蘇我堅塩媛(きたしひめ)の妹。欽明天皇2年(541)となる。茨城(うばらきの)皇子,葛城(かずらきの)皇子,穴穂部間人(あなほべのはしひとの)皇女,穴穂部皇子,泊瀬部(はつせべの)皇子(崇峻(すしゅん)天皇)を生む。「古事記」では岐多斯比売の姨(おば)小兄比売(おえひめ)とする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android