蘇我小姉君(読み)そがの おあねのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我小姉君 そがの-おあねのきみ

?-? 6世紀中ごろの欽明(きんめい)天皇の妃。
蘇我稲目(いなめ)の娘。蘇我堅塩媛(きたしひめ)の妹。欽明天皇2年(541)となる。茨城(うばらきの)皇子,葛城(かずらきの)皇子,穴穂部間人(あなほべのはしひとの)皇女,穴穂部皇子,泊瀬部(はつせべの)皇子(崇峻(すしゅん)天皇)を生む。「古事記」では岐多斯比売の姨(おば)小兄比売(おえひめ)とする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android