皇女(読み)こうじょ

知恵蔵mini「皇女」の解説

皇女

天皇の娘。現行皇室典範では、皇女と嫡男系嫡出の皇孫(天皇)である女子を内親王と称する。また、皇女を含む女性皇族は皇族以外の男性と結婚した場合、皇族の身分を離れると定めている。近年は皇族数の減に伴い、皇室活動の維持が困難になってきていることから、政府は女性皇族が結婚した後に皇女の尊称を贈り、引き続き皇室活動に関わってもらう制度の創設を検討している。この場合、皇女は特別職国家公務員と位置付けられる。

(2020-11-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典「皇女」の解説

こう‐じょ クヮウヂョ【皇女】

〘名〙 天皇のむすめ。天皇の女の子ども。内親王。こうにょ。
※源平盛衰記(14C前)三〇「帝の第三の皇女(クウジョ)、有智内親王を賀茂の斎に立奉らせ給ひき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「皇女」の解説

おう‐じょ〔ワウヂヨ〕【皇女】

皇帝・天皇の娘。ひめみこ。こうじょ。⇔皇子(おうじ)

こう‐じょ〔クワウヂヨ〕【皇女】

天皇の娘。内親王。⇔皇子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の皇女の言及

【王】より

…金印の〈漢委奴国王〉,《魏志倭人伝》の〈女王国〉,隅田八幡人物画像鏡銘の〈大王〉〈男弟王〉,江田船山古墳出土太刀銘や稲荷山古墳出土鉄剣銘の〈大王〉などがその例である。やがて〈天皇〉の称号が成立すると,天皇の子を皇子・皇女,孫以下を王・女王と称したらしい。そして大宝令で,天皇の兄弟姉妹および皇子・皇女を親王・内親王,皇孫すなわち2世以下5世までを王・女王と称し,親王以下4世王までを皇親と定めた。…

【王】より

…金印の〈漢委奴国王〉,《魏志倭人伝》の〈女王国〉,隅田八幡人物画像鏡銘の〈大王〉〈男弟王〉,江田船山古墳出土太刀銘や稲荷山古墳出土鉄剣銘の〈大王〉などがその例である。やがて〈天皇〉の称号が成立すると,天皇の子を皇子・皇女,孫以下を王・女王と称したらしい。そして大宝令で,天皇の兄弟姉妹および皇子・皇女を親王・内親王,皇孫すなわち2世以下5世までを王・女王と称し,親王以下4世王までを皇親と定めた。…

※「皇女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android