穴穂部皇子(読み)あなほべのおうじ

  • ?―587
  • あなほべのみこ
  • 穴穂部皇子 あなほべのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-587 6世紀後半,欽明(きんめい)天皇の皇子。
母は蘇我稲目(そがの-いなめ)の娘小姉君(おあねのきみ)。用天皇の没後,物部守屋(もののべの-もりや)の後押しで天皇になろうとしたが,用明天皇2年6月7日蘇我馬子(うまこ)らに殺された。別名は埿部(はしひとの)穴穂部皇子,三枝部(さきぐさべの)穴太部王,天香子(あまつかこの)皇子,住迹(すみとの)皇子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:用明2.6.7(587.7.17)
生年:生年不詳
6世紀後半の皇族。欽明天皇と蘇我稲目の娘小姉君の子。聖徳太子生母穴穂部間人皇女と泊瀬部皇子(のちの崇峻天皇)は同母の姉弟。敏達天皇の死後,大王位継承を広言し,敏達の殯宮に押し入ろうとしたが,敏達の寵臣三輪逆にはばまれ,「何故,死王の庭に事へ,生王の所に事へざらむや」と怒った。その後,再度殯宮への乱入を企てたが,またもや逆に退けられたので,大連物部守屋に命じ逆を殺させた。次の用明天皇の死後,守屋の支持をとりつけ,再び大王位を窺ったが,大臣蘇我馬子により,宅部皇子と共に殺された。奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の被葬者はこの皇子だとする説がある。

(遠山美都男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

?‐587
欽明天皇の皇子で,母は欽明妃で大臣蘇我稲目の女小姉君(おあねのきみ)。敏達天皇の没後大連(おおむらじ)の物部守屋と結んで天下をとろうとし,これに反対する敏達の寵臣三輪逆(みわのさかう)を殺した。用明天皇の没後,のちの推古天皇,蘇我馬子らに攻撃され,587年6月に殺され,守屋もまた7月に滅ぼされた。皇子は皇位継承問題で蘇我氏と対立し,蘇我対物部の政争の犠牲となった。【原島 礼二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽明(きんめい)天皇の皇子。母は蘇我稲目(そがのいなめ)の女(むすめ)小姉君。(はしひとべ)穴穂部皇子ともいう。585年敏達(びだつ)天皇崩御のとき、無理に天皇になろうとしたが、蘇我馬子(うまこ)に諫(いさ)められ果たさなかった。587年用明(ようめい)天皇崩御ののち、ふたたび物部守屋(もののべのもりや)と結んで天皇になろうとして、泊瀬部(はつせべ)皇子(崇峻(すしゅん)天皇)を推す馬子らと争ったが、佐伯連丹経手(さえきのむらじにふて)、土師連磐村(はじのむらじいわむら)、的臣真噛(いくはのおみまくい)ら馬子方の将に襲撃されて死に、のち守屋も殺された。[横田健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

?〜587
欽明天皇の皇子
敏達 (びたつ) ・用明両天皇没後,2度にわたって皇位を望んだが,実現できなかった。2回目には物部守屋と結び,崇峻天皇擁立を策した蘇我馬子と争ったが,敗退し殺された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android