蘭渓(読み)らんけい

  • らんけい / ランシー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、浙江(せっこう)省中部、金衢(きんく)盆地の北辺にある県級市。市内で衢江(くこう)と金華江(きんかこう)とが合流し蘭江となる。人口66万3300(2015)。金華地級市に属する。唐代に蘭渓県が置かれて、1985年二度目の市制を施行した。古くから銭唐江(せんとうこう)流域地方の商業の中心地の一つで、福建(ふっけん)、浙江、江西(こうせい)3省間の商取引を仲介してきた。滬昆(ここん)線(上海(シャンハイ)―昆明(こんめい))の支線である金千線(金華―千島湖(せんとうこ))が通る。2016年12月に着工された金建高速鉄道(金華―建徳(けんとく))が市内を通る予定。木ろう、みつろう、油茶(アブラツバキ)などの生産が盛んである。

[林 和生・編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘭渓の関連情報