蘭渓(読み)らんけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘭渓
らんけい / ランシー

中国、浙江(せっこう)省中部、金衢(きんく)盆地の北辺にある県級市。市内で衢江(くこう)と金華江(きんかこう)とが合流し蘭江となる。人口66万3300(2015)。金華地級市に属する。唐代に蘭渓県が置かれて、1985年二度目の市制を施行した。古くから銭唐江(せんとうこう)流域地方の商業の中心地の一つで、福建(ふっけん)、浙江、江西(こうせい)3省間の商取引を仲介してきた。滬昆(ここん)線(上海(シャンハイ)―昆明(こんめい))の支線である金千線(金華―千島湖(せんとうこ))が通る。2016年12月に着工された金建高速鉄道(金華―建徳(けんとく))が市内を通る予定。木ろう、みつろう、油茶(アブラツバキ)などの生産が盛んである。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android