市制(読み)しせい

精選版 日本国語大辞典「市制」の解説

し‐せい【市制】

〘名〙
① 明治二一年(一八八八)地方公共団体としての市の構成、組織、権能、監督などを定めた法律。同四四年全面改正。昭和二二年(一九四七)地方自治法の制定にともない廃止された。〔市制及町村制(明治二一年)(1888)〕
② 制度としての市。
※夜光時計(1969)〈津村節子〉「都下の市制をしかれたばかりの市の警察にとって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の市制の言及

【字】より

…このように〈字〉の定義は内務省が規定しているが,地租と関係が深いので,実務的面は大蔵省が主管している。 1878年の郡区町村編制法で幕藩体制以来の村が例外的に大字となったが,88年の市制・町村制施行により,行政名は制度化され改変された。この際の町村合併により,近世の藩政時代における村はおおむね大字となり,旧来の集落内の小区画の地区はだいたい小字区となり,その呼称は従前からの通称,俗称が存続して小字名となった。…

【地方公共団体】より

…明治維新から約20年間にわたって地方団体の編成には幾多の曲折がみられるが,ほぼ明治20年代に入って制度の安定をみた。これ以降,地方団体の権能と組織は,1888年制定の市制,町村制および90年制定の府県制,郡制なる4件の地方団体法に定められた。府県は郡市町村を包括する団体であり,郡は町村を包括する団体である。…

※「市制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android