支線(読み)シセン

大辞林 第三版の解説

しせん【支線】

本線・幹線から分岐した鉄道線路や道路。
本線から分岐した短距離の送電線。
電柱を支持するため、上部から斜めに地上に張る線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せん【支線】

〘名〙
電線、道路、鉄道などで本線から分かれた枝みちの線。⇔本線幹線
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「本線の成就せる後は、唯地方の利にかかる支線は、会社に委し、年年に建設の盛大を増せり」
② 電柱が電線の張力や電線に当たる風圧などに耐えるように、上部から地上へななめに張った鉄線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支線の関連情報