コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支線 シセン

デジタル大辞泉の解説

し‐せん【支線】

鉄道路線や送電線などで、本線から分かれた線。⇔幹線
電柱などを支えるため、その上部から地上に斜めに張った鉄線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせん【支線】

本線・幹線から分岐した鉄道線路や道路。
本線から分岐した短距離の送電線。
電柱を支持するため、上部から斜めに地上に張る線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

支線の関連キーワードチータイホー(七台河)特別市レーニンスククズネツキーバックボーンLANシンウェン(新汶)パルチザンスクオムトニンスク横浜横須賀道路【しょう】州ベロゴルスクアタクパメボリスラフウランウデカラガンダコトフスク利府[町]ローカル線羽越本線チャムス明治用水関西本線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支線の関連情報