支線(読み)シセン

大辞林 第三版の解説

しせん【支線】

本線・幹線から分岐した鉄道線路や道路。
本線から分岐した短距離の送電線。
電柱を支持するため、上部から斜めに地上に張る線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せん【支線】

〘名〙
電線、道路、鉄道などで本線から分かれた枝みちの線。⇔本線幹線
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「本線の成就せる後は、唯地方の利にかかる支線は、会社に委し、年年に建設の盛大を増せり」
② 電柱が電線の張力や電線に当たる風圧などに耐えるように、上部から地上へななめに張った鉄線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支線の関連情報