コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虻の眼 アブノメ

1件 の用語解説(虻の眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶ‐の‐め【×虻の眼】

ゴマノハグサ科の一年草。湿地に生え、高さ15~20センチ。葉は長楕円形。夏から秋にかけて、淡紫色の小花を開く。実がアブの目を思わせるので、この名がある。また、茎をつぶしたときの音から、ぱちぱちぐさともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虻の眼の関連キーワード畦菜小米草胡麻の葉草紫蘇草常磐黄櫨引艾比翼草川萵苣蛍藺ゴマ