蚊絶やし(読み)カダヤシ

大辞林 第三版の解説

かだやし【蚊絶やし】

メダカ目カダヤシ科の淡水魚。雌の全長約5センチメートル、雄は約3センチメートル。メダカに似るが卵胎生。体色は背部が青褐色。ボウフラを好んで食べるが、小魚や魚卵も食害する。北米・メキシコ原産で1910年代に蚊の天敵として移入された。1970年頃より日本全国に分布を広げ、在来のメダカの生息域を侵略。タップミノー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android