蚕齢(読み)サンレイ

デジタル大辞泉の解説

さん‐れい【蚕齢】

蚕の発育程度を示す。卵からかえったものを第一齢、最初の脱皮を終わったものを第二齢、以後脱皮するたびに第三齢、第四齢といい、ふつう第五齢で成熟する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんれい【蚕齢】

カイコの発育段階。卵から孵化ふかして脱皮するまでを第一齢、以後脱皮ごとに一齢を増す。普通、第五齢まである。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android