発育(読み)はついく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発育
はついく

主として,組織,器官の細胞数の増加,形や量の増大などの形態に関する質的および量的成熟過程をいう。ほとんど成長と同じ意味で用いられる。また,発達とも近い概念である。発育は主として身体面について,その形態の年齢的な変化を表わすのに用いられることが多い。これに対して発達は機能と構造上の分化・複雑化を意味し,機能面に関する質的・量的成熟過程をいう。本来,形態と機能の両者は相互に関連して進歩していくものである。したがって用語として発育発達と並記されることが少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はつ‐いく【発育】

[名](スル)育って大きくなること。成育。「よく発育した身体」「発育盛り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はついく【発育】

( 名 ) スル
育って大きくなること。成育。 「順調に-する」 「 -不全」
やしない育てること。 「神学校は天性の伝道師を-するも/求安録 鑑三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の発育の言及

【成長】より

…植物の場合には生長と書くことが多い。一般には,生まれて育つ過程での,同化作用が異化作用を越えることにより生ずる形態や重量や数量などの大きさの増加をいい,発育とほぼ同義のことばとして使われる。生物学的には,もっと広く生体量の増加をさし,原形質の量の増加や,原形質自身が合成する物質量の増加を意味する。…

※「発育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発育の関連情報