コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛙茶番(かわずちゃばん)

1件 の用語解説(蛙茶番(かわずちゃばん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

蛙茶番(かわずちゃばん)

古典落語の演目のひとつ。バレばなし。「舞台番」「素人芝居」とも。十代目桂文治が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、小僧。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛙茶番(かわずちゃばん)の関連キーワード大盞お文紀州飛脚子猫後家馬子品川の豆宗漢蛸芝居綱七遊山舟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone