小僧(読み)コゾウ

  • しょうそう

デジタル大辞泉の解説

仏門に入って、まだ修行中の男の子。年少の僧。雛僧(すうそう)。「門前の小僧習わぬ経を読む」
商店などで使われている年少の男の子。でっち。「紙問屋の小僧に行く」
年少の男子を見下していう語。小僧っ子。こわっぱ。「はなたれ小僧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

商店などで、注文取りや配達などの仕事をする少年。丁稚でつち
年少の者を軽蔑し、ののしっていう語。こぞっ子。小わっぱ。 くちばしの黄色い-
年の若い僧。雛僧ひなそうお寺の-
(多く他の語の下に付けて用いる)子供を親しんでいう語。 いたずら-
近世語 遊里で、まだ一人前にならない遊女や小女こおんな
[0]
年若い僧。こぞう。
[1]
一人称。僧が自らをへりくだっていう語。拙僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 年少の僧。小坊主。しょうそう。また、僧を卑しめていう語。
※今昔(1120頃か)二八「然らば御前をば、小寺の小僧とこそ可申かりけれ」
② 商店などで使われている少年。少年店員。丁稚(でっち)
※洒落本・婦美車紫(1774)高輪茶屋の段「そんならあの小ぞうにもたせてやってくれめされ」
③ こども。また、特に、年少の男子を見下げいやしめていう語。こわっぱ。小僧っ子。
※雑俳・柳多留‐三(1768)「小そうめを仕事にしやとわらじはく」
④ 一人前でない遊女や小女(こおんな)などをさす近世の遊里語。
※黄表紙・三筋緯客気植田(1787)上「みんなこぞうをあいてにして」
⑤ 膝をいう幼児語。ひざこぞう。
⑥ 陰茎の異称。
※雑俳・柳多留‐一五三(1838‐40)「饅頭を見せても小僧寐て起ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小僧の言及

【和尚と小僧】より

…昔話。和尚と小僧を主人公にした笑話の総称。多くの場合小僧の機知もしくは頓智によって,和尚の失態が笑いの対象になる。…

【小者】より

…町奉行所の同心の配下にも小者があって,目明しと同様に犯人の捜査・逮捕にあたった。また町家に奉公した小僧,丁稚(でつち)なども小者と呼んだ。【北原 章男】。…

※「小僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小僧の関連情報