コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小僧 コゾウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぞう【小僧】

仏門に入って、まだ修行中の男の子。年少の僧。雛僧(すうそう)。「門前の小僧習わぬ経を読む」
商店などで使われている年少の男の子。でっち。「紙問屋の小僧に行く」
年少の男子を見下していう語。小僧っ子。こわっぱ。「はなたれ小僧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こぞう【小僧】

商店などで、注文取りや配達などの仕事をする少年。丁稚でつち
年少の者を軽蔑し、ののしっていう語。こぞっ子。小わっぱ。 「くちばしの黄色い-」
年の若い僧。雛僧ひなそう。 「お寺の-」
(多く他の語の下に付けて用いる)子供を親しんでいう語。 「いたずら-」
〔近世語〕 遊里で、まだ一人前にならない遊女や小女こおんな

しょうそう【小僧】

[0] ( 名 )
年若い僧。こぞう。
[1] ( 代 )
一人称。僧が自らをへりくだっていう語。拙僧。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小僧の言及

【和尚と小僧】より

…昔話。和尚と小僧を主人公にした笑話の総称。多くの場合小僧の機知もしくは頓智によって,和尚の失態が笑いの対象になる。…

【小者】より

…町奉行所の同心の配下にも小者があって,目明しと同様に犯人の捜査・逮捕にあたった。また町家に奉公した小僧,丁稚(でつち)なども小者と呼んだ。【北原 章男】。…

※「小僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小僧の関連情報