蛭巻(読み)ヒルマキ

大辞林 第三版の解説

ひるまき【蛭巻】

〔蛭の巻きついた形に似ることから〕
補強や装飾のために、刀の柄や鞘、また槍・薙刀なぎなた・斧おのなどの柄を、鉄や鍍金・鍍銀の延べ板で間をあけて巻いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android