コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛭巻 ヒルマキ

デジタル大辞泉の解説

ひる‐まき【×蛭巻】

太刀の柄・(さや)や槍・薙刀(なぎなた)などの柄に、金属の細長い薄板を間をあけた螺旋状に巻いてあるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひるまき【蛭巻】

〔蛭の巻きついた形に似ることから〕
補強や装飾のために、刀の柄や鞘、また槍・薙刀なぎなた・斧おのなどの柄を、鉄や鍍金・鍍銀の延べ板で間をあけて巻いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蛭巻の関連キーワード丹生都比売神社境内丹生都比売神社かつらぎ町延べ板太刀鍍金長巻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android