コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛸引き タコヒキ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐ひき【×蛸引き】

《「蛸引き包丁」の略》切っ先の四角い、細身で刃の長い包丁。刺身をつくるのに使う。
[補説]かつて関東で多く用いられ、関西では柳刃包丁が使われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たこひき【蛸引き】

和包丁の一種。細身で先が角型になったもの。主に関東地方で刺身を作るのに用いる。 → 包丁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛸引きの関連キーワード和包丁補説