コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛸船 タコブネ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐ぶね【×蛸船】

アオイガイ科の頭足類。暖海域にみられる浮遊性のタコで、雌は産卵のために殻長9センチほどの舟形の殻をつくる。ふねだこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たこぶね【蛸船】

タコの一種。雌は体長約12センチメートルで、直径約9センチメートルの淡黄褐色の殻に収まる。雄は小さく、殻をもたない。世界中の暖海に分布し、浮遊生活を営む。フネダコ。 〔本来、タコブネは雌の殻をいい、軟体はフネダコと呼ぶ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛸船の関連キーワードフネダコ船蛸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android