大和本草(読み)やまとほんぞう

  • やまとほんぞう やまとホンザウ
  • やまとほんぞう〔やまとホンザウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝原益軒著。 16巻,付図2巻。宝永6 (1709) 年刊。益軒みずからが国内各地を旅行し,得た知識をまとめて編述したもので,江戸時代における博物学の見地から書かれた本草書として知られる。 1366種の物品名称来歴,形状,異同効用を述べ,必要なものには挿絵を入れてある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

貝原益軒の本草書。16巻,1709年刊。付録2巻と図譜(諸品図3巻)は1715年刊。明の《本草綱目(こうもく)》を参考にしてはいるが,独自の分類法に従って,和漢洋・植・鉱物1362種(うち国産358品種)を自己の具体的知識に基づき,名称,来歴,形態,効用などについて国文をもって体系的に記述博物学的研究書であると同時に,栽培薬種を多く採用,薬種国内自給のための農村に対する経済対策の面もうかがわれ,益軒の実学性があらわれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代前期の代表的本草書。貝原益軒著。1709年(宝永6)刊。本編16巻,付録2巻,図譜(諸品図)3巻。和漢洋の動・植・鉱物1362種(うち国産品種358)を,中国の《本草綱目》にみられる分類法に準じながらも独自の立場で分類した。若いときから親しんだ中国の書物による知識と,長年にわたって国内で実地観察検証した結果にもとづいて著述した,独創性の高い内容をもっている。品目選定や記述に薬用の範囲を越えた博物学的性格を加えていて,日本の本草学研究の博物学化を示す最初の書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代の本草書。1708年(宝永5)に貝原益軒が著した。益軒の著作の大半は50歳以降の作で、『大和本草』も79歳のときに完成、翌年に刊行されている。『本草綱目』収載品のなかから、日本に産しないものおよび薬効的に疑わしいものを除き、772種をとり、さらに他書からの引用、日本特産品および西洋からの渡来品などを加え、1362種の薬物を収載した。全体としては博物学的な傾向にあるが、しばしば薬効にも触れている。『養生訓』とともに益軒の代表作である。

[難波恒雄・御影雅幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸中期の本草書。一六巻・付録二巻・諸品図二巻。貝原益軒著。宝永五年(一七〇八)成立、同六年刊。また、付録と諸品図は正徳五年(一七一五)刊。「本草綱目」所載のものを基礎に、中国・日本・西洋産を加え、計一三六二種の本草を集成・分類し、各品種の名称・特質などを解説する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸中期,貝原益軒の本草書
1709年刊。本文16巻,付録2巻,諸品図2巻。日本・海外の産物および諸書からとった動・植・鉱物の1362種につき,水類・火類・金玉土石類・穀類魚類など独自の分類法で名称・起源・形状・生産・異同・効用などを論じた。日本の博物学的本草学は本書により確立したといえよう。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の大和本草の言及

【本草学】より

…その後も盛んに中国から本草学が導入されたが,漢籍を日本風に理解したのと呼応して,植物学でも,中国で記述された種を日本風に解釈するにとどまっていた。やっと18世紀になって,貝原益軒の《大和本草》(1709)や稲生若水の《庶物類纂》(未完),小野蘭山《本草綱目啓蒙》(1806)などによって日本風の本草学が集成されていった。江戸時代末にはC.P.ツンベリーやP.F.vonシーボルトなどを介して西洋本草学の影響が及び飯沼慾斎《草木図説》(1852),岩崎灌園《本草図譜》(1828)などが出版され,日本の植物についての高い知見が示されていった。…

※「大和本草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android