蜘蛛の巣羊歯(読み)クモノスシダ

デジタル大辞泉の解説

くものす‐しだ【蜘蛛の巣羊歯】

チャセンシダ科の常緑多年生のシダ。主に石灰岩地帯に生える。葉は単葉で、長さ5~20センチ、その先が伸び、地に着いて不定芽を生じる。クモが巣を張るのに見立てて名づけられた。猿猴蘭(えんこうらん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android