コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不定芽 ふていが

盆栽用語集の解説

不定芽

植物の芽というのはある程度吹く場所が決まっていて、そのほとんどが葉脇の近辺であるが、それ以外の部分から出る芽を不定芽と呼んで普通の芽と区別する。と言ってもそれほど珍しいことでなく、樹種によっては幹や枝の途中から頻繁に吹く。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふていが【不定芽 adventitious bud】

植物のは,ふつう茎頂や葉腋(ようえき)のように定まった場所につくられる。これらを頂芽,腋芽,副芽などといい,一括して定芽definite budという。これに対し,定芽以外にも植物体のいろいろの部分から芽が生じることがあり,それらを一括して不定芽という。葉に生じるのにクモノスシダコモチシダコモチマンネングサ,根に生じる(根出芽)ものにウンランヤナギなどがある。茎でもイワヒメワラビなどの腋外芽は不定芽の一種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふていが【不定芽】

茎の先端や葉腋から出る定芽に対し、それ以外の場所(節間・葉・根など)から出る芽。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不定芽
ふていが
adventitious bud

なんらかの理由で,葉面とか根の一部とかその他本来は芽を生じない器官や組織から出る芽の総称。クモノスシダ,オリヅルシダショウジョウバカマでは葉の先に,コモチシダでは葉の表面に,またセイロンベンケイソウでは葉の縁に生じ,それらが地に落ちて幼植物となる。ベゴニアの挿葉なども好例。またニセアカシアナツメなどでは横走する根のところどころに生じて繁殖する。茎の先端から生じる頂芽,葉腋から生じる腋芽または副芽のように,定まった場所から生じる定芽に対する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の不定芽の言及

【芽】より

…芽にはさまざまな種類がある。広く一般的に植物体の一定部位に発生することがきまっているものを定芽,それ以外のものを不定芽という。
[定芽]
 苗条(シュート)の頂端にある頂芽と,苗条の側方につくられる側芽とがある。…

※「不定芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報