蝉折れ(読み)セミオレ

デジタル大辞泉の解説

せみ‐おれ〔‐をれ〕【×蝉折れ】

男の髪の結い方の一。鬢(びん)の先を反らして蝉の形にしたもの。元禄(1688~1704)のころ流行。
竜笛(りゅうてき)の名器の名。鳥羽天皇の時代に唐の皇帝から贈られた漢竹で作ったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android