蝉折れ(読み)セミオレ

デジタル大辞泉の解説

せみ‐おれ〔‐をれ〕【×蝉折れ】

男の髪の結い方の一。鬢(びん)の先を反らして蝉の形にしたもの。元禄(1688~1704)のころ流行。
竜笛(りゅうてき)の名器の名。鳥羽天皇の時代に唐の皇帝から贈られた漢竹で作ったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android