名器(読み)メイキ

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐き【名器】

〘名〙
① 名高い器物。すぐれた器具。
※史記抄(1477)一二「天下の名器ぢゃぞ」 〔戦国策‐秦策・昭襄王〕
② (「春秋左伝‐成公二年」の「仲尼聞之曰、惜也、不多与之邑、唯器与名、不以仮一レ人、君之所司也」による。「名」は爵号、「器」は車、衣服の意) 爵位と、その位にふさわしい車や服飾など。君主が正しく保つべき世の中の身分秩序をいう。
※醍醐寺文書‐延元三年(1338)五月一五日・北畠顕家奏状「至于無其才者雖功、多与田園名器」 〔南史‐庾仲文伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名器の関連情報