蟇目の法(読み)ひきめのほう

精選版 日本国語大辞典「蟇目の法」の解説

ひきめ【蟇目】 の 法(ほう)

妖魔を降伏させるために、弓に蟇目の矢をつがえて射る作法。蟇目の式。蟇目の鳴弦の法。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「蟇目の法を行へと宣旨有しは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蟇目の法」の解説

ひきめ‐の‐ほう〔‐ホフ〕【×蟇目の法】

妖魔調伏のため弓弦を鳴らして蟇目を射る作法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android