コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴弦 メイゲン

デジタル大辞泉の解説

めい‐げん【鳴弦】

邪気を払うために、弓のを手で引きらすこと。また、その人。天皇の入浴のときや貴人の誕生・病気の際などに広く行われた。つるうち。ゆみづるうち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めいげん【鳴弦】

弓に矢をつがえずに,弓弦(ゆづる)だけを引いて放し,ビュンと鳴らすことによって,妖魔(ようま)を驚かせ退散させる呪法弦打(つるうち)ともいう。弓矢の威徳による破邪の法で,後世になるとわざわざ高い音を響かせる引目(蟇目(ひきめ))という鏑矢(かぶらや)を用いて射る法も生じた。平安時代においては生誕儀礼としての湯殿始(ゆどのはじめ)の読書(とくしよ)鳴弦の儀として行われたのをはじめ,出産時,夜中の警護,不吉な場合,病気のおりなどに行われ,また天皇の日常の入浴に際しても行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいげん【鳴弦】

邪気を払う呪まじないとして弓の弦を鳴らすこと。天皇の入浴・病気、皇子の誕生などの際に行われ、後には貴族・武家でも行なった。つるうち。ゆみづるうち。 「御悩の剋限に及で-する事三度の後/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴弦
めいげん

弓に矢をつがえず、張った弦を手で強く引き鳴らす作法で、弦打(つるうち)ともいう。入浴、病気、出産、雷鳴などの際に、その発する音によって妖怪(ようかい)、悪魔を驚かし、邪気、穢(けがれ)を祓(はら)うものである。天皇の入浴の際には蔵人(くろうど)が御湯殿(おゆどの)の外に候(こう)して行い、滝口の武士の名対面(なだいめん)の際にも行われたが、皇子誕生の際の鳴弦はもっとも盛んであり、のちには貴族社会より波及して、鎌倉・室町幕府将軍家の子女誕生のおりなどにも行われた。[杉本一樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳴弦の言及

【七夜】より

…宮中や公卿の古記録によると,産養(うぶやしない)といって,出生の当日を初夜,3日目を三夜,5日目を五夜,7日目を七夜,9日目を九夜として饗饌(きようせん)を設け,生児の成長を祝ったが,のちには七夜のみを祝うようになった。また鳴弦(めいげん)の儀といって,弓の弦を鳴らしてもののけをはらう儀式が行われた。民間でも宮崎県や屋久島,沖縄本島などで,七夜に矢を放って魔をはらう弓祝が行われている。…

※「鳴弦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳴弦の関連キーワード儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験12弦ギター[twelve strings guitar]冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴浴湯の儀・読書鳴弦の儀ビオラ・ダモーレビオラ・ダモーレビオラダモーレ文読み・書読み弓弦を鳴らす御湯殿の儀式サーランギエスラージタンブール読書の博士弓を鳴らすラバーブバリトンサロードシタールサロッド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android