弓弦(読み)ユヅル

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐づる【弓弦】

ゆみづる」の音変化。

ゆみ‐づる【弓弦】

弓に張る糸。麻をより合わせて薬煉(くすね)を塗ったものを白弦、さらに漆を塗ったものを塗り弦という。ゆづる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆづる【弓弦】

〔「ゆみづる」の転〕
弓のつる。
[句項目] 弓弦を鳴らす

ゆみづる【弓弦】

弓に張る撚り糸。麻を撚り合わせたものに薬煉くすねを塗ったものを白弦、さらに漆を塗ったものを塗り弦という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐づる【弓弦】

〘名〙 「ゆみづる(弦)」の変化した語。
※書紀(720)景行一二年一二月(熱田本訓)「市乾鹿文密かに父の弦(ユツル)を断ちて」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉九「鳴りやまぬ弦(ユヅル)を握った心地である」

ゆみ‐づる【弓弦】

〘名〙 弓に張る撚糸(よりいと)。苧(お)を撚(よ)り、薬煉(くすね)を塗って製したものを白弦といい、さらにこれに漆を塗ったものを塗弦という。ゆみのつる。ゆづる。つる。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※将門記承徳三年点(1099)「忘れて兵の事を却(しりぞけ)て後、絃(ユミツル)を緩(ゆるべ)て安居しぬ」

ゆん‐づる【弓弦】

〘名〙 「ゆみづる(弓弦)」の変化した語。〔羅葡日辞書(1595)〕
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉一六「電話口の女中が矢継早の弓弦(ユンヅル)を切って、断念めて降参する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弓弦の関連情報