コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹隈 カニグマ

大辞林 第三版の解説

かにぐま【蟹隈】

歌舞伎の隈取の一。蟹の形状を模した紅隈。半道敵はんどうがたき役に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蟹隈の言及

【隈取】より

…《義経千本桜》〈鳥居前の場〉の忠信などがこれである。〈鯰(なまず)隈〉は鼻脇から下部へかけて墨の鯰髭を描くのが特徴で,《暫》の鯰坊主に用いる戯隈(ざれぐま)の一種,同想のものに〈蟹隈〉がある。〈六十三日隈〉〈日の出烏の隈〉〈蝙蝠(こうもり)隈〉など,ひねった趣向のものも戯隈に属する。…

※「蟹隈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蟹隈の関連キーワード半道敵隈取紅隈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android