コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻枘 アリホゾ

大辞林 第三版の解説

ありほぞ【蟻枘】

木材の先端を、鳩尾形(逆三角形)に突出させた枘。ほかの木材に同じ形の枘穴を切り、はめ込んで抜けないようにする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蟻枘の言及

【枘】より

…枘を2材のどちらにも造らず,2材の枘穴に別木を植え込むものは雇枘(やといほぞ)である。形状によって,平枘(ひらほぞ),短枘,長枘,二枚枘,重枘(じゆうほぞ),小根枘(こねほぞ),竿枘,蟻枘,扇枘,目違枘,杓子枘などという。二枚枘は細かい工作を必要とする建具の框(かまち)や桟に,重枘は柱上に桁(けた)と梁(はり)が重なる場合,柱天に造り,桁を差し通して梁に差したりする。…

※「蟻枘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蟻枘の関連キーワード蟻継ぎ・蟻継逃げ穴・逃穴掴み・摑み逆三角形寄せ蟻木口蟻蟻差蟻掛蟻継

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android