蟻穴(読み)ありあな

精選版 日本国語大辞典の解説

あり‐あな【蟻穴】

〘名〙
① 蟻の巣穴。
※信仰之理由(1889)〈小崎弘道〉四「故に蟻の垤(アリアナ)を作る、蜘蛛の網を編む、〈略〉更らに異なる所なし」
② 蟻継(ありつぎ)、蟻掛(ありかけ)などで、先のひろがった枘(ほぞ)をおさめる穴。〔日本建築辞彙(1906)〕

ぎ‐けつ【蟻穴】

〘名〙 アリの掘った穴。「千丈の堤も蟻の穴より」などのことわざから、ごく小さな欠点や不注意のたとえに用いられることが多い。
※空華集(1359‐68頃)一一・送巧上人帰上州詩序「風俗為之一革。蜂房穴。化為麟翔鳳者翥之苑
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「千丈の堤も蟻穴(ギケツ)よりもれる水に滅するごとく」 〔応璩‐雑詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報