(読み)ほぞ

デジタル大辞泉「枘」の解説

ほぞ【×枘】

《「ほぞ」と同語源。古くは「ほそ」》木材などを接合する際、一方の端部に作る突起。これを他方に作った枘穴ほぞあなに差し込んで合わせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「枘」の解説

ほぞ【枘】

木材や石材などの2部材を接合あるいは組み合わせる継手仕口(しぐち)において,片方の材の端に造り出した突起をいい,これを差し込むため他材に彫った穴を枘穴という。枘を2材のどちらにも造らず,2材の枘穴に別木を植え込むものは雇枘(やといほぞ)である。形状によって,平枘(ひらほぞ),短枘,長枘,二枚枘,重枘(じゆうほぞ),小根枘(こねほぞ),竿枘蟻枘扇枘,目違枘,杓子枘などという。二枚枘は細かい工作を必要とする建具の框(かまち)やに,重枘は柱上に桁(けた)と(はり)が重なる場合,柱天に造り,桁を差し通して梁に差したりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android