鳩尾(読み)きゅうび

精選版 日本国語大辞典「鳩尾」の解説

きゅう‐び キウ‥【鳩尾】

〘名〙
と腹の間のくぼんだ所。みずおち。みぞおち
※全九集(1566頃)七「の一穴は蔽骨の下五分に有」
※虎寛本狂言・胸突(室町末‐近世初)「借状程の物が、鳩尾(キウビ)へさし込は、アリャアリャ、痛や痛や」
※本朝軍器考(1722)九「右を栴檀、左を鳩尾といふよしいひ伝へ侍り」

みず‐おち みづ‥【鳩尾】

〘名〙 (水落ちの) 胸骨の下の、中央のくぼんだ所。きゅうび。みぞおち。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※真景累ケ淵(1898)〈三遊亭円朝〉六「誠に此の鳩尾(ミヅオチ)の所に打たれたのが立割られたやうで」

みぞ‐おち【鳩尾】

〘名〙 胸の中央部で、胸骨に接するへこんだ部分。柔道、空手などで急所の一つとされている。心窩。みずおち。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「胸骨の下を鳩尾(ミソオチ)といひ臍下を小腹といふ」

はと‐お ‥を【鳩尾】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鳩尾」の解説

みぞ‐おち【鳩尾】

胸の中央のへこんだ所。胸骨の剣状突起の下部。急所の一。きゅうび。みずおち。

きゅう‐び〔キウ‐〕【×鳩尾】

胸骨の下のくぼんだ所。みぞおち。
鳩尾の板」の略。

はと‐お〔‐を〕【×鳩尾】

きゅうび(鳩尾)

みず‐おち〔みづ‐〕【鳩尾】

《「水落ち」の意》「みぞおち」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鳩尾」の解説

みぞおち【鳩尾 the pit of the stomach】

水落(みずおち)のなまりであるといわれている。心窩(しんか)ともいう。胴の前面正中線上で,胸と腹の境界部にあるくぼみをいう。その位置は,いいかえると左右の肋骨弓が相合するところで,ちょうど胸骨の下端にある剣状突起のところに相当している。【藤田 恒太郎】【藤田 恒夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳩尾の言及

【腹】より

…生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。腹をもつ動物では,一般に体が左右相称で,体の前端部に中枢神経や感覚器の集中した頭があり,頭と腹の間には胸が,腹の後には尾が分化していることが多い。体幹がこのように分化した動物は高等な体制をもつもので,ほぼ節足動物と脊椎動物がそれにあたる。
[動物の腹]
 節足動物の昆虫類では,胴部は明りょうな二つの部域に分かれており,前部を胸部,後部を腹部という。…

※「鳩尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android