血の塔(読み)ちのとう(英語表記)Bloody Tower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血の塔
ちのとう
Bloody Tower

イギリスのロンドン塔の内城区域を取巻く城壁を構成している塔の一つ (13~14世紀築造) 。主塔である「白塔」 White Towerを中心として 13の塔が内城壁を構成しているが,そのなかで最も著名なもの。この名の由来は不明。幼いエドワード5世が弟とともにリチャード3世にここで殺されたと伝えられ,W.ローリーもここに幽閉された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android