コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血吸蝙蝠 チスイコウモリ

デジタル大辞泉の解説

ちすい‐こうもり〔ちすひかうもり〕【血吸蝙蝠】

翼手目チスイコウモリ科の哺乳類。体長6.5~9センチで、尾はない。眠っている動物などにかみつき、出てくる血液をなめとる。狂犬病を媒介することもある。メキシコから南アメリカにかけて分布。バンパイア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちすいこうもり【血吸蝙蝠】

翼手目チスイコウモリ科の哺乳類。前腕長6センチメートル 内外、頭胴長8センチメートルほどで、尾はない。上顎の大きくて鋭い門歯・犬歯で動物の皮膚に傷をつけ、流れ出る血をなめる。狂犬病を媒介することがある。洞窟や樹洞などにすみ、夜行性。メキシコから南米中部にかけて分布。吸血コウモリ。バンパイア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

血吸蝙蝠 (チスイコウモリ)

動物。チスイコウモリ科のコウモリ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android