コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行く鳥の ユクトリノ

デジタル大辞泉の解説

ゆくとり‐の【行く鳥の】

[枕]飛ぶ鳥が先を争うようにの意で「争ふ」に、また、群れをなして飛び立つところから「群がる」にかかる。
「露霜の消なば消ぬべく―争ふはしに」〈・一九九〉
「舎人(とねり)の子らは―群がりて待ち」〈・三三二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆくとりの【行く鳥の】

( 枕詞 )
飛ぶ鳥が先を争い、また群れることから、「争ふ」「群がる」にかかる。 「 -あらそふはしに/万葉集 199」 「 -群がりて待ちあり待てど/万葉集 3326

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android