奉仕(読み)ほうし

精選版 日本国語大辞典「奉仕」の解説

ほう‐し【奉仕】

〘名〙 (古く「ほうじ」とも)
① (長上につかえる意) 神仏・天子・主君・師などにつつしんでつかえること。奉事。
※九暦‐九条殿記・灌仏会・承平六年(936)四月八日「但導師前例独身奉仕唄・散花、而此度不仕唄・散花」
※今昔(1120頃か)三「師に奉仕する事、片時も怠る事无し」
② 私心をすてて国家・社会や他人のために献身的に働くこと。〔現代大辞典(1922)〕
③ 商品を特に安く提供したりして客の得になるようにはからうこと。サービス。「奉仕品」

ぶ‐し【奉仕】

〘名〙 つかえること。つくすこと。ほうし
※太平記(14C後)一三「鬼神手を束て奉仕(ブシ)しける間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奉仕」の解説

ほう‐し【奉仕】

[名](スル)《古くは「ほうじ」とも》
神仏・主君・師などに、つつしんでつかえること。「神に奉仕する」
利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと。「社会に奉仕する」
商人が品物を安く売ること。「特価で御奉仕しております」「奉仕品」
[類語](2奉公寄与貢献裨益尽力尽くす骨身を惜しまず粉骨砕身身を粉にする身を削る骨身を削る命を捧げるボランティアサービスアフターサービスケアアフターケアボランタリー自発的公共心公徳心犠牲犠牲的献身献身的ささげる挺身ていしん捨て石利他利他心志願慈善篤志有志殉ずる篤志家/(3負ける値引きするおまけする勉強するサービスする泣く色を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android