奉仕(読み)ホウシ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐し【奉仕】

[名](スル)《古くは「ほうじ」とも》
神仏・主君・師などに、つつしんでつかえること。「神に奉仕する」
利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと。「社会に奉仕する」
商人が品物を安く売ること。「特価で御奉仕しております」「奉仕品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうし【奉仕】

( 名 ) スル
国家・社会・目上の者などに利害を考えずにつくすこと。 「社会に-する」 「 -の精神」
サービスとして特に安く売ること。サービス。 「 -品」 「特別-価格」
神仏・師・主君などにつつしんでつかえること。奉事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐し【奉仕】

〘名〙 つかえること。つくすこと。ほうし。
太平記(14C後)一三「鬼神手を束て奉仕(ブシ)しける間」

ほう‐し【奉仕】

〘名〙 (古く「ほうじ」とも)
① (長上につかえる意) 神仏・天子・主君・師などにつつしんでつかえること。奉事
※九暦‐九条殿記・灌仏会・承平六年(936)四月八日「但導師前例独身奉仕唄・散花、而此度不仕唄・散花」
※今昔(1120頃か)三「師に奉仕する事、片時も怠る事无し」
② 私心をすてて国家社会や他人のために献身的に働くこと。〔現代大辞典(1922)〕
③ 商品を特に安く提供したりして客の得になるようにはからうこと。サービス。「奉仕品」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉仕の関連情報