コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行叡 ぎょうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行叡 ぎょうえい

古代伝承上の僧。
京都東山の音羽(おとわ)山に庵をむすび,200年間修行する。宝亀(ほうき)9年(778)延鎮にであったとき,この地に寺をたて観音像を安置するようつげて東国へさったという。延鎮は延暦17年坂上田村麻呂のたすけをうけて,この地に清水寺を創建し開山となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

行叡の関連キーワード清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android