コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延鎮 えんちん

2件 の用語解説(延鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延鎮 えんちん

?-? 奈良-平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)子島寺の報恩にまなぶ。宝亀(ほうき)9年(778)行叡(ぎょうえい)とであい,京都東山の音羽山に庵をむすぶ。延暦(えんりゃく)17年(798)坂上田村麻呂が同地にたてた清水寺の開山となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

延鎮

生年:生没年不詳
平安前期の法相宗の僧で京都清水寺の開祖。一説に弘仁12(821)年没。報恩の高弟で師の没後,子島寺を継いだ。宝亀9(778)年京都の乙輪(音羽)山に移り,延暦17(798)年坂上田村麻呂がその地に開いた清水寺の開祖となった。延鎮は学僧タイプの僧ではなく,修験者的要素の強い報恩の弟子であり,清水寺開基に当たって真言を呪し観音を念じている姿からして,修験・雑密の徒としての優婆塞的(在家のままの)修行者であったとされる。<参考文献>『清水寺縁起』,逵日出典『奈良朝山岳寺院の研究』

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延鎮の関連キーワード僧信海隆範法相基弁実詮神叡信海(2)清範辻村茂兵衛山本伝六

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

延鎮の関連情報