コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延鎮 えんちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延鎮 えんちん

?-? 奈良-平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)子島寺の報恩にまなぶ。宝亀(ほうき)9年(778)行叡(ぎょうえい)とであい,京都東山の音羽山に庵をむすぶ。延暦(えんりゃく)17年(798)坂上田村麻呂が同地にたてた清水寺の開山となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

延鎮

生年:生没年不詳
平安前期の法相宗の僧で京都清水寺の開祖。一説に弘仁12(821)年没。報恩の高弟で師の没後,子島寺を継いだ。宝亀9(778)年京都の乙輪(音羽)山に移り,延暦17(798)年坂上田村麻呂がその地に開いた清水寺の開祖となった。延鎮は学僧タイプの僧ではなく,修験者的要素の強い報恩の弟子であり,清水寺開基に当たって真言を呪し観音を念じている姿からして,修験・雑密の徒としての優婆塞的(在家のままの)修行者であったとされる。<参考文献>『清水寺縁起』,逵日出典『奈良朝山岳寺院の研究』

(追塩千尋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

延鎮の関連キーワード清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)清水寺(きよみずでら 京都市)子じま寺篦峯寺楊谷寺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android