コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水寺 きよみずでら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水寺
きよみずでら

京都市東山区清水にある北法相宗総本山。第2次世界大戦後法相宗より独立。せいすいじ,きよみでらともいう。延暦 17 (798) 年,坂上田村麻呂創建という。北観音寺とも称したと伝え,観音信仰によって栄えた。本堂懸崖にのぞんで舞台が張出しており,国宝。ほかに木像十一面観音』,渡海船額4面など重要文化財があり,5月 23日には田村麻呂を祀る田村忌がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きよみず‐でら〔きよみづ‐〕【清水寺】

京都市東山区清水にある北法相(ほっそう)宗の寺。山号音羽山。延暦17年(798)ごろ僧延鎮坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の助成を得て開創西国三十三所の第16番札所。本尊は十一面観音像。清水の舞台とよばれる前面を懸け造りとした本堂は国宝。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。せいすいじ。
島根県安来市清水町にある天台宗の寺。山号は瑞光山。用明天皇、あるいは推古天皇のときに尊隆が開創。9世紀以降天台密教の霊場、観音霊場としても有名。本堂、十一面観音像は重要文化財

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

清水寺【きよみずでら】

〈せいすいじ〉とも。京都市東山区にある北法相宗の寺。山号は音羽山。本尊は十一面観音で,西国三十三所第16番札所。〈清水寺縁起〉によれば延鎮を開基として坂上田村麻呂が798年に創建。
→関連項目絵馬大西良慶金山寺京都[市]清水坂五条大橋古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)篦峯寺車借しんとく丸東山[区]

清水寺【きよみずでら】

島根県安来(やすぎ)市にある天台宗の寺。〈せいすいじ〉ともいう。平安初期の創建で,本尊十一面観音は重要文化財。戦国期尼子(あまこ)氏庇護を得て寺勢を伸ばし,1545年―1555年に鰐淵(がくえん)寺法座座位を争っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

清水(きよみず)寺

千葉県いすみ市にある寺院。807年創建。天台宗。本尊は千手観世音菩薩。

清水(きよみず)寺

京都府京都市東山区にある寺院。創建は778年。北法相宗大本山、本尊は十一面千手観音。国宝の本堂は山の斜面から張りだした造りで「清水の舞台」と呼ばれる。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコ世界文化遺産に登録。

清水(きよみず)寺

兵庫県加東市にある寺院。創建は627年。宗派は天台宗、本尊は十一面観音(根本中堂)、千手観音(大講堂)。

清水寺

福岡県みやま市にある寺院。806年創建。宗派は天台宗、本尊は千手観音。安産子授け、縁結びの寺として知られる。

清水寺

長崎県長崎市にある寺院。1623年創建。宗派は真言宗霊雲寺派、本尊は千手観世音菩薩。本堂は国の重要文化財に指定。安産や病気平癒に効くとされる「びんづるさん(撫で仏)」で知られる。「長崎山(ちょうきさん)清水寺」「清水観音」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよみずでら【清水寺】

京都市東山区にある寺。山号音羽山。1885年までは法相・真言兼修の寺。第2次大戦後,北法相宗の総本山。798年(延暦17),坂上田村麻呂が延鎮を開山として建立したと伝える。805年(延暦24)桓武天皇御願寺となってから維新まで,朝廷や幕府の厚い保護が続いた。堂宇は開創以来幾度か焼失と再建をくりかえしたが,現在の建物の大部分は徳川家光が1633年(寛永10)再建したものである。近世の寺領は朱印高133石。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きよみずでら【清水寺】

京都市東山区清水にある北法相宗の本山。山号は音羽山。798年、坂上田村麻呂が延鎮を開山として建立、鎮護国家の道場となる。平安時代、延暦寺と興福寺との抗争で、しばしば焼かれた。現在の堂宇は、徳川家光の再建。本堂の前面、懸崖上に張り出して設けられた板敷の部分は「清水の舞台」として知られる。西国三十三所の第一六番札所。せいすいじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清水寺の言及

【清水坂】より

…京都市東山区内の地名で,東大路通松原から東へ,清水寺の前にいたる坂道の参道をいう。〈清水〉の地名は音羽滝(清水寺境内)の清水にちなんで生まれたとも伝えられ,このあたりは古くには〈清水岡〉と呼ばれていたらしい。…

【坂上田村麻呂】より

…女の春子は桓武天皇の後宮に入り,葛井親王を生んでいる。【高橋 富雄】
[田村麻呂をめぐる伝承]
 田村麻呂が東山で僧延鎮(もと賢心)と会い,力をあわせて観音像を作り,仏殿を建ててこれを安置し清水寺と号したことは《清水寺縁起》(伝藤原明衡作),《今昔物語集》,《扶桑略記》などに見え,中世に入っても多くの書物に散見する。《吾妻鏡》は田谷窟(たつこくのいわや)(現,達谷窟)について述べる中に〈田村麿・利仁等の将軍〉が蝦夷征伐のとき,敵主悪路王(あくろおう)・赤頭(あかがしら)たちがこの窟に柵を構えたとし,のち,田村麻呂が窟前に堂を建て西光寺と号して,鞍馬に模して多聞天(毘沙門天)像を安置した(文治5年(1189)9月28日条)と伝える。…

【岬[町]】より

…南房総国定公園に含まれる太東崎は九十九里浜の眺望にすぐれ,海浜植物群落(天)がある。坂東三十三所32番札所の清水(せいすい)寺は日本の三清水寺の一つに数えられる。【千葉 立也】。…

※「清水寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

清水寺の関連キーワード清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)坂上田村麻呂(758〜811)清水寺縁起(せいすいじえんぎ)清水寺(せいすいじ 京都市)清水東条湖立杭県立自然公園福岡県みやま市瀬高町本吉清水の舞台から飛び降りる清水月山県立自然公園山口県山口市宮野下島根県安来市清水町京都府京都市東山区兵庫県加東市平木清水(京都市)千葉県いすみ市福岡県みやま市清水のきじ車兵庫県加東市東大路通り辻村茂兵衛信海(2)

清水寺の関連情報