衛府司(読み)えふづかさ

精選版 日本国語大辞典の解説

えふ‐づかさ ヱフ‥【衛府司】

〘名〙
※宇津保(970‐999頃)吹上上「ゑふづかさにてまうでて見ばや」
※平中(965頃)一「この男、〈略〉ただ、逍遙をのみして、ゑふづかさにて、宮仕へをも仕うまつらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる